オーダースーツのブルドッグ


オーダーの流れ


オーダーの道具

1:生地選びとデザイン


まずは『いつ』『どこで』『どのような場面で』服が必要なのかお伝え下さい。お客様のご希望や好み、予算等もお伝えいただけるとよりよい提案が出来ると思います。
生地を選ぶときには肩から掛けていただくと出来上がりのイメージが把握しやすいです。気になった生地がありましたら気軽に肩へ掛けてご確認下さい。

2:採寸と補正


生地とデザインが決まりましたら採寸に入らせていただきます。この時メジャーによる採寸以外に、肩下がり等の数値に出ない部分も読み取り補正を加えさせていただきます。

3:型紙製作と仮縫い


採寸した数値を元にブルドッグでは0から型紙を作製いたします。作製した型紙を元に服地に線を引いて裁断し、仮縫い用の服を作製させていただきます。

仮縫いでは白毛(しろも)で仮組みした服を着ていただき、細かい部分や全体のシルエットの確認と補正をさせていただきます。この段階でしたらある程度の変更は可能ですので変更点や気になる箇所がありましたら申し付け下さい。

※ 型紙作製と仮縫い工程はセミオーダーからになります。

4:縫製


パターンオーダーとセミオーダーは国内の縫製工場にて縫製致します。機械による縫製ではございますが、整った設備がございますのでご安心下さい。

フルオーダーでは専属の職人が仕上げまで1人で仕上げる"丸縫い"を行っております。職人の手縫いによるハ刺しやボタンホール、入念なクセ取り工程を行い洋服を立体的に仕上げていきます。

5:試着と納品


洋服が完成しましたら検品の後に試着していただきます。お客様とスタッフで出来上がりを確認していただき、宜しければ納品となります。

6:アフターケア


納品後も何か気になる点や、体型が変わられた場合はお気軽にご相談下さい。かけつぎ等の補修も承っておりますのでご安心下さい。永くお付き合い頂ける服にするべく努めてまいります。